掲載日: 文章:Clipee運営局

【ヤクルト】小さな巨人!ヤクルトの左腕エース・石川が自ら挙げた1点守り6回途中無失点で4勝目!

5月18日、東京ドームで行われた読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズの一戦は、ヤクルトが1-0で接戦を制した。ヤクルトの先発・石川雅規は5.1回無失点の好投に、3回には自ら打点を挙げるなど投打に活躍した。

現役選手最多の通算156勝目!

ヤクルトの「小さな巨人」石川が投打に活躍した。

初回から走者を許す展開だったが、打たせて取るベテラン左腕の真骨頂を見せた。2回先頭のマギーにこの日初安打を許したが、続く中井大介を二ゴロ併殺打に抑えた。その直後には1死三塁で打席に立つと、三ゴロでこの試合初得点を自ら挙げた。4回には2死二、三塁の場面で實松一成を敬遠し、宮國椋丞を二ゴロに斬って事なきを得た石川は、6回途中無失点と勝利投手の権利を持って降板。後を受けたリリーフ陣がこのリードを守り切り、石川に今季4勝目の白星がついた。

これで自身2連勝。現役最多勝左腕がまた一つ白星を積み重ねた。尊敬する山本昌氏の記録である219勝まで一歩ずつ近づいていく。

【ヤクルト】復活の白星!由規が7回無失点の好投で嬉しい嬉しい今季初勝利!

こちらの記事も読まれています

新着記事