掲載日: 文章:Clipee運営局

上原浩治、今シーズン初セーブ!無死満塁のピンチを最少失点で切り抜ける!

上原浩治、今シーズン初セーブ!無死満塁のピンチを最少失点で切り抜ける!
photo by Gettyimages

現地時間5月18日、リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対シンシナティ・レッズの一戦は9-5でカブスがレッズに勝利した。カブスの上原浩治は5点リードの9回に登板し今シーズン初セーブをマークしている。これで、カブスは21勝19敗の貯金2となった。

犠飛から二者連続三振!

9-4と5点差で迎えた9回表最後の守備。8回からマウンドに登っているブライアン・ダンシングが続投し上原を登板はないかと思われた。しかし、ダンシングの乱調で無死満塁のピンチを招き上原がマウンドへと登る。

4番・アダム・デュバルに犠飛を浴び1点を返され9-5と4点差。尚も1死一、二塁とピンチは続くものの後続を2者連続で三振に打ち取りゲームセット。上原は無死満塁のピンチを最少失点で切り抜け今シーズン初セーブをマークし防御率は3.45となった。前回登板で一発を浴び1回2失点の内容だったが切り替えを行えたようだ。

上原は1回2失点もチームはレッズに勝利!勝率5割復帰

こちらの記事も読まれています

新着記事