掲載日: 文章:Clipee運営局

【ヤクルト】バレンティンの6号ソロでヤクルトが3連勝!Aクラスもすぐそこ!

5月19日、明治神宮野球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガースの一戦は、4-2でヤクルトが勝利した。ヤクルトは主砲のバレンティンが6号ソロ本塁打を含む2安打2打点の活躍でチームを3連勝に導いた。

3試合ぶりの6号ソロで阪神突き放す

ここ2試合は四球攻めを受けまともにバットを振れなかったが、久しぶりにバレンティンのバットから快音が聞かれた。1回2死二、三塁で迎えた第1打席では、敬遠気味の四球で歩かされた。3回1死一、二塁の第2打席では、阪神の先発・岩貞雄太の8球目、外角ボール気味の直球をライト前に運び適時打とする。第3打席では三ゴロに倒れたが、8回先頭で迎えた第4打席では阪神の3番手・藤川球児の低めのフォークを振り抜き、弾丸ライナーで左翼席に突き刺した。1点差に迫られた直後、阪神を突き放す効果的な一発だった。

バレンティンの一発で3連勝のヤクルトは借金を4まで減らし、Aクラス浮上が見えてきた。

【ヤクルト】小さな巨人!ヤクルトの左腕エース・石川が自ら挙げた1点守り6回途中無失点で4勝目!

新着記事