掲載日: 文章:Clipee運営局

【ヤクルト】山田哲人が3点本塁打で試合を決めた!首位阪神は3連敗

5月20日、明治神宮野球場で行われた東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガースの一戦は8-3でヤクルトが勝利しこのカード勝ち越しを決めた。首位阪神はこれで3連敗となり踏ん張り時となりそうだ。

ファンの待つ逆方向への1発!

ヤクルトは2回阪神に先制を許したものの3回に今浪隆博の適時三塁打などで4点を奪い逆転に成功。

その後、両チーム得点が入らない展開となる。

連勝をするためにも追加点が欲しいヤクルトは6回、この日安打の出ていなかった山田哲人が一振りで決めた。

1死一、三塁と塁上に2人の走者を置いて阪神3番手・松田遼馬の5球目を逆方向へ。打球は満員のライトスタンドへ突き刺さる値千金の3点本塁打となった。山田の1発は5月6日のDeNA戦以来2週間ぶり。DeNA戦以外では今シーズン初の本塁打となった。

ヤクルトはこれで4連勝となり4位をキープ。上位進出へ山田の復調は欠かせない。さらなる爆発に期待がかかる。

4位浮上のヤクルトが3連勝中の小川でAクラス狙う! / 5月20日 ヤクルトvs.阪神

新着記事