掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学野球】立大が山根の2本塁打で明大下す!手塚が8回2失点の好投!明大は優勝争いから脱落…

5月21日、東京六大学野球連盟は明治神宮野球場で第7週が行われ、第2試合の「立教大学対明治大学」の2回戦は、立大が9-2で快勝。立大は山根佑太の2本塁打や先発・手塚周の好投で勝利し、優勝の可能性を繋いだ。

立教、早稲田、慶応義塾に絞られた優勝争い

優勝に向けて後がない立大が明大を下し、優勝争いに残った。

立大は3回、捕逸と山根の3号3点本塁打で4点を先制。2点差で迎えた8回には山根の4号ソロ、手塚の適時打で2点を追加。9回には藤野隼大の適時打などで3点を追加し、明大を突き放した。先発の手塚は8回2失点の好投、最終回は1年ながら主力としての活躍を見せる中川颯が登板し、無失点に締めた。

明大は1年の入江大生(作新学院)がリーグ戦初先発。大一番での登板となったが、3回途中4失点と期待に応えることはできなかった。4回には逢澤峻介のリーグ戦初本塁打で2点を返したが、反撃もそこまで。立大に敗れ明大の優勝の可能性は潰えた。

両校は勝点をかけて22日の3回戦を戦う。立大が勝てば、早大の優勝可能性がなくなり、立大と慶大に絞られる。明大は最後に意地を見せたいところだ。

【東京六大学野球】法大が連勝で優勝争い踏みとどまる!菅野が完封!主将・森が全4打点!

こちらの記事も読まれています

新着記事