掲載日: 文章:Clipee運営局

【西武】浅村が打点王トップ走る41打点!栗山が自身初のサヨナラ本塁打で試合決める!

5月21日、メットライフドームで行われた埼玉西武ライオンズ対福岡ソフトバンクホークスの一戦は、西武が7-6でサヨナラ勝ち。西武は打点王争いトップの浅村栄斗が本塁打含む2安打2打点、栗山巧の自身初となるサヨナラ本塁打で劇的勝利。

3本塁打で乱戦制した西武がカード勝ち越し

同僚の中村剛也と打点王を争う浅村が一歩リードを広げた。無死一、二塁で迎えた第1打席では1年振りの犠打を決めて先制点をおぜん立てすると、3回先頭の第2打席ではソフトバンクの先発・寺原隼人のスライダーを豪快にフルスイングすると、打球は左中間席に吸い込まれる5号本塁打となった。6回無死三塁の第4打席では打犠飛で2打点目を挙げ、今季41打点とした。

同点で迎えた9回裏には、チームの精神的支柱・栗山巧がソフトバンク・6番手の岩嵜翔の低めの直球をとらえ、自身初となるサヨナラ本塁打を放ち、勝負を決めた。連勝の西武は貯金を5とした。

【西武】佐野が先発で2連勝!ソフトバンクは中田が3回途中7失点の誤算

こちらの記事も読まれています

新着記事