掲載日: 文章:Clipee運営局

【高校野球】早実敗戦も清宮連発!高校通算95号は右翼場外への特大弾

5月22日、高校野球春季関東大会が開催され、茨城県ひたちなか市民球場での第1試合は準々決勝の早稲田実業高校対作新学院高校の試合が行われた。注目のスラッガー・清宮幸太郎は前日に続き高校通算95号本塁打を放ったが、チームは4-8で敗れた。

清宮はソロ本塁打1本に終わり関東大会敗戦

世代ナンバーワンスラッガーがベスト8で関東大会から姿を消した。

4点を先制された1回、清宮は1死一塁で打席に入ると2球目の変化球を打ち上げ中飛に倒れた。2点を追う3回、1死走者なしで第2打席を迎えると、作新学院の先発・篠原聖弥のスライダーにバットが空を切り三振。6回先頭の第3打席も捕邪飛に倒れ、ここまで3打席凡退。3-8と5点を追う8回、1死走者なしで第4打席を迎えると、篠原の直球をとらえるた打球は右翼場外へ消える特大本塁打となった。

この一発で清宮は高校通算本塁打を95本としたが、反撃もここまで。早実は4-8で作新学院に敗れた。夏の西東京大会まで約2ヵ月だが、その間に清宮はどこまで記録を伸ばすのか注目だ。

【高校野球】早実・清宮94号弾!作新学院大量17得点!8強出揃う!春季関東大会2日目

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事