掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都大学野球】延長11回の熱戦は亜大が粘り勝ち!正髄が2本塁打含む4安打5打点で勝負決めた

5月23日、東都大学野球連盟一部リーグは明治神宮野球場で第8週が行われ、第1試合は「亜細亜大学対國學院大学」の3回戦が行われ、亜大が延長11回の熱戦を制した。亜大の正髄優弥は決勝の3点本塁打含む4安打5打点で勝利に大きく貢献した。

最後の最後で国学大が力尽きる…

試合は初回から点の取り合いの様相を呈する。

優勝の可能性をつなぎたい国学大は、左腕エースの山岡就也が先発。1回に失策と内野ゴロで3点、さらに正髄優弥の適時打でいきなり4点を失う。追いかける国学大はその裏、1死一、三塁のチャンスを作ると、4番・鹿屋陸の適時三塁打で2点、さらに内野ゴロで1点を返した。

突き放したい亜大は4回に押し出しで1点を追加すると、5回には正髄の3安打目となる今季1号弾でリードを3点に広げる。3点を追う国学大は6回に西丸泰史、7回に戸張駿の適時打、8回には工藤陽平の犠飛で3点差を追いつき、試合を振り出しに戻した。

9回には亜大・上田隼也の2号ソロ本塁打、国学大・山崎剛の3号ソロ本塁打でそれぞれ1点を追加し延長戦に突入。延長10回にも両チーム1点ずつを奪い譲らない。
勝負が決まったのは延長11回。亜大が2死一、二塁のチャンスを作ると、正髄がこの日2本目となる2号3点本塁打を放ち11-8とし、そのまま逃げ切った。

2位国学大が敗れたため、この時点で東洋大学の2011年春以来のリーグ戦優勝が決まった。

【東京六大学野球】笠松がサヨナラタイムリー!立大が逆転サヨナラで優勝争い踏みとどまる

こちらの記事も読まれています

新着記事