掲載日: 文章:Clipee運営局

【ソフトバンク】内川8号!柳田7号!左右の強打者が揃い踏みで貯金10!

5月24日、ヤフオクドームで行われた福岡ソフトバンクホークス対千葉ロッテマリーンズの一戦は、ソフトバンクが6-1で快勝した。ソフトバンクは主軸の内川聖一、柳田悠岐がそれぞれ本塁打を放ち、チームの勝利に貢献した。

今日は上位打線が一発攻勢

日本を代表する左右の強打者が揃い踏みした。

4番に座る内川は初回2死二塁から敬遠気味の四球で歩き、中村晃の適時打で2点目のホームを踏んだ。4回先頭で迎えた第2打席では、ロッテの先発・石川歩のスライダーをとらえホームランテラスに飛び込む8号ソロ本塁打。さらに6回2死走者なしから安打を放ち、この日は2安打1打点。

第3打席まで凡退を続けた柳田は8回、無死二塁の場面で第4打席を迎えると、ロッテの2番手・東條大樹のボール気味のスライダーを引っ張り7号2点本塁打とした。

内川の2安打1打点、柳田1安打2打点の活躍でソフトバンクが快勝し、貯金を10とした。

【ソフトバンク】和田毅が左肘手術を無事終了!最短で3ヵ月で復帰も工藤監督「ちゃんと治して欲しい」

こちらの記事も読まれています

新着記事