掲載日: 文章:Clipee運営局

【高校野球】春季関東チャンピオンは浦和学院!決勝スクイズ決めて2年振り6度目の優勝!春季関東大会

5月24日、茨城県の水戸市民球場で高校野球春季関東大会5日目が開催された。この日は浦和学院対東海大相模の決勝戦が行われ、浦和学院が3-2で勝利し、春季関東大会優勝を果たした。

浦和学院が2年振り6度目の春季関東チャンピオン!

春季関東大会は神奈川県1位の東海大相模と埼玉県1位の浦和学院の対戦となった。

試合は序盤から接戦の様相を呈する。両チーム無得点で迎えた2回裏、浦学の6番・秋山拓海が準決勝に続いて適時打を放ち、1点を先制する。浦学の先発・近野佑樹は4回まで無失点に抑える好投を見せる。

1点を追う東海大相模は5回、1死二塁とすると内野ゴロと送球間に走者が本塁を突き同点とする。さらに7回、菊池航大の適時打で1点を勝ち越した。

逆転を許した浦学は8回、この回からマウンドに上がったプロ注目の左腕・安里海を攻め立て1死満塁とすると、本田渉の適時打で同点に追いつくと、佐野涼弥の決勝スクイズで勝ち越し。決勝スクイズの佐野が9回を三者凡退に抑えて浦和学院が優勝を決めた。

浦和学院は2年振り6度目の春季関東王者に輝いた。

【本日の結果】
東海大相模(神奈川1) 2-3 浦和学院(埼玉1)

【高校野球】浦和学院が日大三に打ち勝つ!東海大相模は2年生4番・森下が劇的サヨナラ打!春季関東大会準決勝

こちらの記事も読まれています

新着記事