掲載日: 文章:Clipee運営局

【東都】竹原、古田が2試合連続本塁打で東洋大が完勝!勝点4で優勝し全日本大学野球選手権へ

5月24日、東都大学野球連盟一部リーグは明治神宮野球場で第8週の「東洋大学対日本大学」の2回戦が行われ、東洋大が5-0で快勝した。東洋大の竹原祐太の2試合連続本塁打などで5点を奪い、勝点を4とした。

最終戦を勝利し文句なしの1位

日大戦が始まる前に勝率で優勝が決まっていた東洋大だが、日大戦に連勝し勝点4とし、文句なしの1位とした。

東洋大は初回、竹原の先頭打者弾でいきなり先制。さらに1死満塁とすると宝楽の適時打で2点目を奪う。2回には安打の竹原を一塁におき、古田塁の2試合連続の3号2点本塁打でリードを4点とした。

投げては先発の片山翔太が9回途中被安打7四死球0の好投で日大打線に得点を許さない好投を見せる。最終回には前日完投勝利のエース・飯田晴海が登板し試合を締めた。
日大は片山の前に7安打を放ったが全て単打となかなか得点圏に走者を進めることができず、終始主導権を握ることができなかった。

東都大学春季リーグ戦を制した東洋大は6月5日から開催される全日本大学野球選手権に出場する。

弟に負けられない!明治大でレギュラー確保を!添田真海【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事