掲載日: 文章:Clipee運営局

カブス・上原浩治が8回に登板し0.2回を無失点!カブスは終盤逃げ切り2連勝!

カブス・上原浩治が8回に登板し0.2回を無失点!カブスは終盤逃げ切り2連勝!
photo by GettyImages

現地時間5月24日、リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対サンフランシスコ・ジャイアンツの一戦は、カブスが5-4で競り勝った。カブスの上原浩治は8回から登板、0.2回を投げ1安打1四球とピリッとしない内容だった。

前回登板では初セーブ記録も今日は8回の登板

現地時間18日の試合では9回途中から登板し、今季初セーブを挙げていた上原だったが、この日は8回の登板だった。

先頭、代打のマイケル・モースには右安打を許したが、続くデナード・スパンを一ゴロ、ジョー・パニックを三邪飛に抑えて2死一塁とした。ここできっちり8回を締めたいところだったが、3番のブランドン・ベルトにフルカウントから四球を与えてしまい、2死一、二塁のピンチを作ってしまう。ここでカブスはC.J.エドワーズにスイッチし、上原は降板した。

上原のあとをエドワーズが抑え、9回も逃げ切ったカブスが2連勝を収めた。

この日の上原は0.2回無失点被安打1、与四球1(19球)という内容で防御率3.31となった。

上原浩治、今シーズン初セーブ!無死満塁のピンチを最少失点で切り抜ける!

キーワード

新着記事