掲載日: 文章:Clipee運営局

共に防御率2点台の右腕対決!又吉は先発4連勝なるか? / 5月27日 中日vs.ヤクルト

5月27日、ナゴヤドームで行われる中日ドラゴンズ対東京ヤクルトスワローズの一戦は、中日・又吉克樹、ヤクルト・小川泰弘の予告先発が発表されている。

サイドの又吉、ライアン投法・小川の変則右腕対決!

下位に低迷する中日の先発は、今季から先発に転向しエース級の活躍を見せる又吉。7試合目の先発となるが、今季は9試合で3勝負けなし防御率2.03と素晴らしい投球を見せている。特に、対ヤクルト戦では3試合で1勝、21回を投げて防御率1.71と完璧に封じ込んでいる。主力級で唯一4割打たれている坂口智隆を塁に出さないよう注意し4連勝を飾りたい。

対するヤクルトの先発は、昨季の不調から復活したライアン・小川が8試合目の先発マウンドに上がる。小川はここまで8試合に登板し、4勝2敗と勝ち越し防御率も2.24と抜群の安定感を誇っている。今季は中日戦1試合に登板しているが、8回1失点、被安打3とこちらも対戦成績が良く、又吉との投げ合いに注目したい。

【中日】9回2死からの4連打でサヨナラ勝ち!ヤクルトは秋吉が踏ん張れず

新着記事