掲載日: 文章:Clipee運営局

レンジャーズ・ダルビッシュは6回3失点で今シーズン3敗目!

レンジャーズ・ダルビッシュは6回3失点で今シーズン3敗目!
photo by GettyImages

現地時間5月27日にロジャースセンターで行われたトロント・ブルージェイズ対テキサス・レンジャーズの一戦は3-1でブルージェイズが勝利。ダルビッシュ有(レンジャーズ)が先発登板を果たしたが、好投をみせたものの勝ち星は付かなかった。

バティスタに3点本塁打を浴びる

初回に1点の援護を貰ったダルビッシュ。立ち上がり、先頭のケビン・ピラーにいきなり死球を与えるもののその後を3人で仕留め無失点スタート。2回にも1死からラッセル・マーティンに死球を与えるが安打は許さず、序盤を無失点で切り抜けた。

4回1死からケンドリー・モラレスにこの日初安打となる二塁打を浴びるも、決定打は許さない。崩れたのは5回だった。この日、初めての四球を出すと2死後にデボン・トラビスに安打を許し2死一、三塁。ここで主砲のホセ・バティスタに1発を浴び3失点。

その後も二塁打に2つの四球で満塁のピンチを招くがエゲセル・カレラを空振り三振に打ち取り、なんとか追加点を許さなかった。

続く6回は味方の失策で走者を出したものの無失点。

この日のダルビッシュは6回3失点、被安打5、与四球3、与死球2、奪三振4(109球)の内容。バティスタの一発に沈んだ登板となった。

レンジャーズ・ダルビッシュは先頭打者弾を浴びるも勝ち投手の権利を持って降板

新着記事