掲載日: 文章:Clipee運営局

【東京六大学】早大が慶大に大勝!立大が35季ぶり13度目の優勝!

5月28日、明治神宮球場で行われた東京六大学野球第8週、「慶應義塾大学対早稲田大学」の2回戦は12-6で早大が慶大に勝利。この結果、立教大学が1999年秋以来35季ぶり13度目の優勝を飾った。

慶大は先制するも投手陣が踏ん張れず

優勝するためには勝つしかない慶大は初回、郡司裕也が適時打を放ち1点を先制。しかし、早大は主将の佐藤晋甫が2試合連続となる2点本塁打ですぐさま逆転に成功する。

慶大は3回に清水翔太の適時打などで3点を奪い4-2再逆転するも、その裏に2点を失い4-4と序盤から点の取り合いとなった。その後、両チーム得点を取り合い6-5と慶大1点リードで迎えた7回裏、早大の攻撃。2死満塁から代打・福岡高輝が走者一掃の適時二塁打を放つなど一挙5点を奪い10-6と早大が再逆転。続く8回裏にも長谷川寬、吉澤一翔の適時打で2点を追加し12-6。

9回、慶大の攻撃を0点に抑え12-6で早大が勝利。早慶戦の行方は明日(29日)に持ち越された。

早稲田大学のリードオフマン!八木健太郎【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事