掲載日: 文章:Clipee運営局

【オリックス】ドラフト1位山岡が初勝利6回1失点の好投でロッテを封じ連敗を9でストップ

5月28日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテマリーンズ対オリックス・バファローズの一戦は2-1でオリックスが勝利し連敗を9でストップさせた。一方のロッテは連勝が3で止まっている。

降板直後に味方が逆転

5月も終わりに近づいたこの日、山岡に春が来た。ここまで6試合に登板し防御率3.38ながら、0勝4敗と勝ち星に恵まれなかった山岡。この日も初回に角中勝也へ適時打を浴び失点を喫する苦しい立ち上がり。

しかし、その後は3回に三者連続三振を奪うなど、ロッテ打線に追加点を許さず6回でマウンドを降りた。山岡の好投に奮起した打線は7回表に若月健矢の適時二塁打などで2点を奪い逆転に成功。山岡の負けを消すだけでなく、勝利投手の権利もプレゼントした。

7回から近藤大亮、黒木優太、平野佳寿がロッテ打線を無失点に抑え2-1で山岡に勝ち星がついた。

交流戦前に初勝利を手にした山岡の次戦は巨人が濃厚。ローテーション通りに行けば高校時代の因縁でもある田口麗斗との投げ合いが実現する。

4連勝を狙うロッテは関谷が今季初先発!対するオリックスはドラ1・山岡 / 5月28日 ロッテvs.オリックス

新着記事