掲載日: 文章:Clipee運営局

【広島】延長10回に代打・西川が決めた!広島が巨人を下し5連勝!

5月28日、東京ドームで行われた読売ジャイアンツ対広島東洋カープの一戦は延長の末に3-2で広島が勝利。5連勝で交流戦に臨む。一方、敗れた巨人は4連敗で23勝24敗と借金生活となった。

エルドレッドの一発で逆転

先制点を奪ったのは連敗中の巨人だった。3回裏に立岡宗一郎の適時二塁打で1点を先制し、先発の田口麗斗を援護する。6回には田口が自信のバットで追加点を奪い2-0と2点をリード。

広島は7回表にエルドレッドの2点本塁打で2点を奪い同点。その後を中﨑翔太、ジャクソン、今村猛と無失点に抑え試合はそのまま延長戦へと突入した。

試合を決めたのは西川龍馬だった。2死2塁の場面に代打で登場すると守護神カミネロのカットボールを適時二塁打とする。2年目の若鯉が代打で大仕事をやってのけた。その裏を一岡竜司が締めこのカード3連勝。

昨年の王者がフロックではないことをこの三連戦で見せつけた。

【女子プロ野球】京都、田口サヨナラVで2連勝!長尾がプロ初勝利「仲間の打線に助けられた」

キーワード

新着記事