掲載日: 文章:Clipee運営局

【DeNA】今永が粘りの投球で2勝目をマーク!敗れた阪神は首位陥落!

5月28日阪神甲子園救助杖行われた阪神タイガース対横浜DeNAベイスターズの一戦は6-2でDeNAが勝利。2位の広島東洋カープが勝利を収めたため、阪神は2位に転落し広島が首位となった。

5回110球と苦しい投球

今シーズン2年目の今永昇太が粘りの投球を見せた。2回裏、キャンベルを四球で出すと大和に適時二塁打を浴び先制を許す嫌な展開。直後の3回表に味方打線が6点を奪い逆転に成功するも毎回走者を出す苦しい投球が続く。

5回には1死から上本博紀に安打を浴びると続く高山俊に二塁打を許し1死二、三塁のピンチを招く。この場面で中谷将大、原口文仁とクリーンアップを封じなんとか無失点にしのぎマウンドを後にした。

この日の今永は5回1失点、被安打3ながら与四球は5と制球が定まらず球数は110球。しかし、なんとか粘りの投球で勝利投手の権利を手にしリリーフ陣に後を託す。その後は、パットンが1点を失ったもののリードは守り切り、今永に4月19日以来の白星が付いた。

【DeNA】井納が投打に活躍で首位阪神に快勝!「先頭を抑えた結果」

キーワード

新着記事