掲載日: 文章:Clipee運営局

アストロズ・青木は3試合ぶりのスタメンで1安打!日米通算2000本安打まで後7本

アストロズ・青木は3試合ぶりのスタメンで1安打!日米通算2000本安打まで後7本
photo by Gettyimages

現地時間5月28日、ミニッツ・メイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ対ボルチモア・オリオールズの一戦は8-4でアストロズが勝利。これで4連勝とし35勝16敗の貯金19。アメリカンリーグ西地区で唯一の貯金となり2位ロサンゼルス・エンゼルスとのゲーム差は10となった。青木宣親(アストロズ)は9番・左翼でスタメン出場し安打を放っている。

1993本目の安打

3試合ぶりにスタメン出場となった青木。3-3で迎えた2回1死二塁の場面で回ってきた第一打席はフルカウントから二ゴロと逆転打を放つことができなかった。続く3回の第2打席ではユリエスキ・グリエルを一塁において二塁打を放ちチャンスを拡大。

その後の2打席は空振り三振に倒れ、この日の青木は4打数1安打となった。これで青木は打率.264(106打数28安打)とし日米通算2000本安打まで後7本と迫った。

アストロズ・青木宣親が3打数2安打で勝利に貢献!日米通算2000本安打まであと8本!

こちらの記事も読まれています

新着記事