掲載日: 文章:Clipee運営局

明大で左腕エースを目指す!市岡奏馬【Players report】

名門・龍谷大平安のエースとして甲子園に出場しベスト4進出の原動力となった市岡奏馬。今年から明治大学へ進学し新たな舞台でエースを目指している。

氏名:市岡奏馬(いちおかそうま)
守備:投手
投打:左投左打
所属:明治大学
出身:京都嵯峨野ボーイズ→龍谷大平安高校

京都嵯峨野ボーイズ時代に日本代表として世界少年野球大会へ参加した市岡。寺島成輝(ヤクルト)、公家響(明大)らとチームメートでもあり市岡は投手ではなく外野手として参加している。

龍谷大平安に進学し2年春のセンバツでは、エースとして高橋奎二(ヤクルト)が君臨していたため、市岡は9番右翼で出場。3打数1安打結果を残すが、試合は延長の末浦和学院に0-2で敗戦した。

3年に進級後のセンバツでは4試合に先発し38.1回を投げ防御率0.94と圧倒的な成績を残しチームをベスト4に導いた。また、打者としても打率.429(17打数8安打)とセンスを見せている。

プロ志望届は提出せずに明大へ進学。春のオープン戦では出番があったもののリーグ戦での登板はなかった。同期の左腕である早川隆久(早大)がデビューを果たしており負けるわけには行かない。

秋へ向けていレベルアップを図りたい。

市岡奏馬に関する動画

2005年以来の甲子園出場へ柳ケ浦を引っ張る!田中瑛斗【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事