女子高校野球について

  • 掲載日:
  • 文章:Clipee運営局

こんにちわ。clipee運営局です。
「全国の高校女子硬式野球部」特集をおこなうにあたり、高校女子硬式野球部のことを紹介します。

全国の高校女子硬式野球の歴史は意外に長く、1997年の全国高等学校女子硬式野球連盟の結成以来19年の歴史があります。
2009年には女子プロ野球の誕生もあり、女子野球に関しては今どんどんと盛り上げってきています。

次回以降の特集で各校のことは詳しくご紹介させて頂きますので、今回は、全国高等学校女子硬式野球連盟に所属する高校と加盟準備を行っている高校を含む24校のご紹介。

全国高等学校女子硬式野球連盟加盟校

◇北海道ブロック
加盟校なし

◇東北ブロック
加盟校なし

◇関東ブロック
・作新学院高等学校(栃木)
・埼玉栄高等学校(埼玉)
・花咲徳栄高等学校(埼玉)
・叡明高等学校(埼玉)
・駒沢学園女子高等学校(東京)
・蒲田女子高等学校(東京)
・村田女子高等学校(東京)
・横浜隼人高等学校(神奈川)
・秀明八千代高等学校(千葉)・・・加盟準備校

◇東海ブロック
・至学館高等学校
・岐阜第一高等学校(岐阜)・・・加盟準備校

◇北信越ブロック
・福井工業大学付属福井高等学校(福井)

◇近畿ブロック
・福知山成美高等学校(京都)
・京都両洋高等学校(京都)
・京都外大西高等学校(京都)
・履正社高等学校(大阪)
・大阪体育大学浪商高等学校(大阪)
・神戸弘陵学園高等学校(兵庫)

◇中国ブロック
・広島県立佐伯高等学校(広島)・・・加盟準備校

◇四国ブロック
・高知県立室戸高等学校(高知)

◇九州ブロック
・折尾愛真高等学校(福岡)
・日南学園高等学校(宮崎)
・神村学園高等学校(鹿児島)

全国で加盟準備校も含め24校が参加しており、全国大会も8月の選手権大会と4月の選抜大会を開催していいる。しかし、北海道と東北ブロックに関しては未だ加盟校が出てきていないので、少しでも早く東北・北海道の地でも女子野球文化が広がり、男子の様に、全国の高校が凌ぎを削る大会を迎えることが待ちどうしいと感じますね。

大会情報

女子高校野球も上記で述べたように全国的に開催される大会が3つほどある。

◇全国高等学校女子硬式野球選手権大会(8月)
場所:兵庫県丹波市 春日スタジアム

全国高等学校女子硬式野球連盟に加盟している学校全てが基本的には参加し、トーナメントで日本一を目指す大会。昨年の15年度は、優勝が埼玉栄高等学校、準優勝が駒沢女子高等学校となっている。

最多優勝校
・埼玉栄高等学校(第6回・第10回・第11回・第15回・第17回・第19回)で6回
・神村学園高等学校(第3回・第4回・第5回・第7回・第8回・第9回)で6回

◇全国高等学校女子硬式野球選抜大会(4月)
場所:加須市民運動公園野球場(埼玉)・・・15年度

昨年の15年度は、優勝が京都外大西高校、準優勝が神戸弘陵高校となっている。

最多優勝校
・埼玉栄高等学校(第2回・第4回・第6回・第9回・第13回)で5回

◇女子野球ジャパンカップ(10月)
場所:県営大宮球場(埼玉)

女子野球日本一を決める大会で、高校4チーム・大学2チーム・クラブチーム2チーム・プロ3チームによりトーナメントで日本一を決定します。

大会参加方法
高校:全国高等学校女子硬式野球選手権大会上位4校が出場。
大学:全国大学女子硬式硬式野球選手権大会上位2校が出場。
クラブ:全日本女子硬式クラブ野球選手権大会上位2校
プロ:リーグ戦の勝率上位2チームが出場。3チーム目は、勝率3位のチームとレイアが「ジャパンカップ出場決定戦」を戦い、勝者が出場。

2015年第5回大会結果
優勝:兵庫ディオーネ  準優勝:埼玉アストライア

こちらの記事に関連するタグ

photo01
Clipeeをフォローして
最新記事を受け取ろう!

に関する記事

お勧め記事

新着記事