掲載日: 文章:Clipee運営局

カブス・上原は1回無失点!アストロズ・青木は日米通算2000本安打までM5!イチローは出場なし

カブス・上原は1回無失点!アストロズ・青木は日米通算2000本安打までM5!イチローは出場なし
photo by Gettyimages

現地時間6月3日、日本人選手はシカゴ・カブスの上原浩治、ヒューストン・アストロズの青木宣親が出場を果たした。また、マイアミ・マーリンズのイチローはエディソン・ボルケスがノーヒッターを達成したこともあり代打での出場はなかった。

青木は2試合ぶりの安打

リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対セントルイス・カージナルスの一戦。5-3と2点リードで無開けた8回表に上原はマウンドへ登る。1回を無安打身失点に抑え勝利に貢献。防御率は3.44となった。

グローブライフ・パーク・イン・アーリントンで行われたテキサス・レンジャーズ対ヒューストン・アストロズの試合で青木は9番・左翼でスタメン出場。4回表先頭打者で迎えた第2打席にレンジャーズ先発のアンドリュー・キャッシュナーから二塁への内野安打を放ち2試合ぶりの安打。この日の青木は3打数1安打で打率.256(117打数30安打)となった。日米通算2000本安打まであと5本。

アストロズ・青木は3打数ノーヒットもチームはツインズに大逆転勝利!

こちらの記事も読まれています

新着記事