掲載日: 文章:Clipee運営局

東海大相模で1年から4番を張る男!森下翔太【Players report】

名門・東海大相模高で1年生ながら4番を張りデビュー戦で初安打、初打点をマークした森下翔平。大先輩でもある原辰徳(元巨人監督)も無安打だったデビュー戦で初安打を記録し注目を浴びることになった。

氏名:森下翔太(もりしたしょうた)
守備:外野手
投打:右投右打
所属:東海大相模高校
出身:戸塚リトルシニア

戸塚リトルシニア時代に齊藤大輝(横浜高)とチームメートだった森下。高校では最大のライバルとなる横浜高と東海大相模高へと進む。昨夏の神奈川県大会で森下は1年生ながら4番・中堅でデビューを果たすが結果を残せず、横浜高と対戦する前に敗退している。一方、齊藤は1年生ながら唯一甲子園のグラウンドに立ち差をつけられた。

秋からの新チーム結成後も再び4番に座ると、春季県大会準決勝の桐光学園戦では場外弾を放つなどの活躍。決勝は宿敵・横浜高を14-13で下し関東大会へ出場をはたした。その関東大会では本塁打こそ出なかったものの、準決勝の作新学院高戦でサヨナラ適時打を放つなど、打率.500(16打数8安打)をマークしチームを優勝へと導いた。

昨夏、届かなかった甲子園へ4番・主砲としてチームを導きたい。

キーワード

新着記事