掲載日: 文章:Clipee運営局

ダルビッシュは8回途中3失点も勝ち負け付かず!イチローは代打で登場も空振り三振!

ダルビッシュは8回途中3失点も勝ち負け付かず!イチローは代打で登場も空振り三振!
photo by Gettyimages(ダルビッシュ有)

現地時間6月7日、MLBではテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有、マイアミ・マーリンズのイチローが出場を果たしている。

許した3安打のうち2安打が本塁打

ダルビッシュは初回に2者連続三振を奪うなど、三者凡退の好スタートを切ると3回までパーフェクトピッチングを披露。しかし、4回先頭のマイケル・コンフォートに死球を与えるとジェイ・ブルースに2点本塁打を浴び1-2と逆転を許す。5回は無失点に抑えたものの、6回には、再びブルースに一発を浴び1-3とリードを2点差に広げられる。

この日のダルビッシュは8回途中まで投げ被安打3、与四死球2、奪三振9(117球)の内容だった。降板後にチームは追いついたため、敗戦投手とはならなかった。この試合でメジャー通算900奪三振を達成している。

リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対マイアミ・マーリンズの一戦でイチローは5-3と2点リードの7回表に代打で登場。しかし、2球で追いこまれるとファールを1球放つが最後は空振り三振。打率.178(73打数13安打)となった。

ダルビッシュvs.青木は2打数無安打!マーリンズ・イチローは代打で出場も無安打

新着記事