掲載日: 文章:上杉 あずさ

選手の魅力を引き出す指導に定評、人気・実力の福岡ボーイズを訪問(後編)

チームのエース 久場香徳(くば たかのり)投手にインタビュー!

(プロフィール)

久場香徳…平野中3年生。175cm、60kg。左投げ左打ち。投手。小学5年生の時に、お兄ちゃんの影響で野球を始める。野茂ジャパンに選出され、日本選手権に出場経験も。

心身ともに日々成長を続けるエース

大野城市から自転車で通っているそうですが、福岡ボーイズに入部しようと思ったきっかけは何ですか?

久場香徳選手(以下、久場):体験に来た時に、先輩たちが元気で、練習の時から気合いが入ってるなと思ったし、体験でラーメンを振る舞ってくれたからです(笑)

福岡ボーイズでの練習はどうですか?

久場:毎日、成長出来ているなと感じられます。ピッチングをする時、小学生の頃は、ただ投げているだけだったけど、今は、ストライクで勝負したり、ボールから入ったり、並行カウントとかを学んで、練習から意識して投げるようになりました。

日々、自分で考えながらピッチングしているんですね。

久場:はい。受けてくれるキャッチャーと二人三脚でやっています。

その配球や投球術などは、どうやって勉強しているんですか?

久場:最近は、身近にスマートフォンがあるので、youtubeとかでプロ野球や高校野球を見ています。ケータイしすぎとか言われるけど、そういうところでも学んでいるんです。よく見るのは、松井裕樹選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)の動画です。

現在の福岡ボーイズ、エースとしてどう見えていますか?

久場:自分のピッチングを中心として、バッティングは結構自慢できる打線なので、良い流れでバッティングができるよう、テンポの良いピッチングを心掛けています。

受け答えも考え方もしっかりしていますね。

久場:監督から、野球だけでなく、日頃の生活態度もちゃんとしないと、本当に上手い選手はなれないぞと言われています。

これから最後の大会に向けた予選も始まりますね。

久場:ボーイズリーグはチームの数が多くて、強くても負けてしまうチームもあるので、エースとして、なるべく任されたイニングをしっかり守れるように心掛けたいです。福岡ボーイズのエースは、毎年すごいので、それに値するようなピッチングをしたいです。大学まで野球をしたいので、ケガせずに、ゆっくり自分のペースで頑張っていきます。

関連写真(画像をクリックすると拡大写真が表示されます。)

選手の魅力を引き出す指導に定評、人気・実力の福岡ボーイズを訪問(後編)
選手の魅力を引き出す指導に定評、人気・実力の福岡ボーイズを訪問(後編)
選手の魅力を引き出す指導に定評、人気・実力の福岡ボーイズを訪問(後編)
選手の魅力を引き出す指導に定評、人気・実力の福岡ボーイズを訪問(後編)
選手の魅力を引き出す指導に定評、人気・実力の福岡ボーイズを訪問(後編)
選手の魅力を引き出す指導に定評、人気・実力の福岡ボーイズを訪問(後編)
選手の魅力を引き出す指導に定評、人気・実力の福岡ボーイズを訪問(後編)
選手の魅力を引き出す指導に定評、人気・実力の福岡ボーイズを訪問(後編)
選手の魅力を引き出す指導に定評、人気・実力の福岡ボーイズを訪問(後編)
選手の魅力を引き出す指導に定評、人気・実力の福岡ボーイズを訪問(後編)

こちらの記事も読まれています

新着記事