掲載日: 文章:Clipee運営局

勢いに乗るオリックスはドラ1・山岡が3連勝狙う!セ・パ首位決戦はどちらが勝ち越し?!【6月11日予告先発】

6月11日、交流戦4カード目の最終戦が行われる。

日本ハムは日本球界復帰の村田透が7試合目の登板。日本初勝利を狙う。

美馬の好投で競り勝った楽天はここまで4勝の岸孝之が9試合目の先発。セ・パ首位決戦での勝ち越しをかける。

DeNAは自身2連勝中と勢いに乗る今永が登板。連勝を3に伸ばし、自身の勝ち越しと、チームの交流戦5割を果たしたい。

交流戦未だ勝ち星なしのヤクルトは、ブキャナンで不振脱出を図る。ここ5戦勝ち星がないが、安定した投球を見せる助っ人に連敗脱出を託す。

オリックスはプロ初勝利から2連勝と勢いに乗るドラ1ルーキー・山岡泰輔をたて、中日戦3タテを目指す。

連勝が4でストップしたソフトバンクは、山田大樹今季初登板のマウンドに上がる。巡ってきたチャンスを確実にモノする投球を見せたい。

6月11日の予告先発は下記

日本ハム・村田透-巨人・宮國椋丞(札幌ドーム)
楽天・岸孝之ー広島・中村祐太(Koboパーク宮城)
西武・ウルフーDeNA・今永昇太(メットライフドーム)
ロッテ・佐々木千隼ーヤクルト・ブキャナン(ZOZOマリンスタジアム)
オリックス・山岡泰輔ー中日・バルデス(京セラドーム大阪)
ソフトバンク・山田大樹ー阪神・小野泰己(ヤフオクドーム)

ヤクルトが10連敗!交流戦で唯一の未勝利!巨人は連勝ならず!【6月10日試合結果】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事