掲載日: 文章:Clipee運営局

イチローは4試合連続安打、青木はマルチ安打と両選手とも活躍!

イチローは4試合連続安打、青木はマルチ安打と両選手とも活躍!
photo by Gettyimages

現地時間、6月13日MLBではイチロー(マーリンズ)、青木宣親(アストロズ)の野手2名が出場を果たしている。

打率を2割に乗せたイチロー

マーリンズ・パークで行われたマイアミ・マーリンズ対オークランド・アスレチックスの一戦でイチローは8-1と7点リードの8回裏に代打で登場。カウント2ボール2ストライクからファールで1球粘った6球目を中前にはじき返し出塁。これで4試合連続の安打隣打率.207(82打数17安打)と2割に乗せた。チームも連敗を2でストップさせている。

ミニッツ・メイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ対テキサス・レンジャーズの一戦において青木は9番右翼で先発出場。3回表先頭で迎えた第1打席で二塁打を放つと5回には遊撃内野安打とマルチ安打。3打席目は2点ビハインドの8回裏無死一塁で回ってきたが空振り三振に倒れている。これで青木は打率.273(139打数38安打)となった。

マーリンズ・イチローが緊急出場で1安打!2試合連続ヒット

新着記事