掲載日: 文章:Clipee運営局

右ヒジの手術から復活!日本製紙石巻の長身右腕・宝利亮【Players report】

社会人野球において東北地方の雄となっている日本製紙石巻。その投手陣を支える一人が宝利亮だ。

氏名:宝利亮(ほうりりょう)
守備:投手
投打:右投右打
所属:日本製紙石巻
出身:栗原中学(軟式)→近大福山高校→近畿大学

広島県の近大福山高校時代には甲子園への出場がなく近畿大学へと進学。1年時にリーグ戦での登板はなく2年春に先発、中継ぎ両方の役割として起用され3勝2敗、防御率1.75と好成績を残す。同年秋は1勝2敗、防御率2.55。3年時以降の成長が期待されたものの、右ヒジ手術を行いその後はリハビリに専念。4年春に復帰したが1勝3敗、防御率5.54といまひとつ。最速は146キロをマークするなど大学通算6勝8敗、防御率2.67。

社会人では日本製紙石巻へと進み、1年目から都市対抗野球では敢闘賞を受賞する活躍。2年目となった昨年は11試合に登板し、防御率2.90。最速は150キロを超えドラフト候補にも名前が挙がっていた。しかし、指名はなく社会人3年目のシーズンを迎えている。

186センチの長身から150キロを超えるストレートにスライダー。都市対抗野球で結果を残しプロ入りを目指したい。

宝利亮に関する動画

九州共立大では大瀬良とバッテリー!対馬和樹【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事