掲載日: 文章:Clipee運営局

マーリンズ・イチローがまた大記録!交流戦最多365安打!アストロズ・青木も安打放つ!

マーリンズ・イチローがまた大記録!交流戦最多365安打!アストロズ・青木も安打放つ!
photo by Gettyimages

現地時間6月14日、マーリンズのイチローはアスレチックス戦に代打出場し安打を放ち、交流戦(インターリーグ)通算安打を歴代最多の365安打とした。アストロズの青木はレンジャーズ戦に途中出場し、1打数1安打と、日本人野手2人が結果を残した。

イチローがデレク・ジーターの記録を越え歴代1位に!

マイアミ・マーリンズのイチローはマーリンズ・パークで行われたオークランド・アスレチックスとの交流戦に出場。8-5とリードを広げた5回裏1死一、二塁で代打出場を果たすと、投手への内野安打でチャンスを広げた。この安打でイチローは交流戦での通算安打数を365安打とし、デレク・ジーター氏の記録を抜いて歴代トップとなった。イチローはこの日守備にはつかず、1打数1安打で打率.217(82打数18安打)としている。

ヒューストン・アストロズの青木宣親は、ミニッツメイド・パークで行われたテキサス・レンジャーズとの一戦に途中出場。大量リードの8回表の守備から右翼で出場すると、その裏の攻撃で1死一、二塁のチャンスで打席に入ると、左翼への安打を放った。二塁走者が三塁を回って本塁を狙うも、左翼手の好返球に阻まれ適時打とはならなかった。青木はこの日1打数1安打で打率.279(140打数39安打)とした。

イチローは4試合連続安打、青木はマルチ安打と両選手とも活躍!

新着記事