掲載日: 文章:Clipee運営局

【女子プロ野球】埼玉、磯崎が7回8安打1失点で完投勝利!「立ち上がりが良くなかったが…」

【女子プロ野球】埼玉、磯崎が7回8安打1失点で完投勝利!「立ち上がりが良くなかったが…」
photo by JWBL(埼玉アストライア:磯崎 由加里投手)

県営大宮球場で行われた、埼玉アストライアvs京都フローラ 第11戦は、埼玉アストライアが3-1で勝利した。

 京都フローラは2回、2死から8番金山が死球で出塁し、続く9番小西美加が左線二塁打とチャンスを広げ、2死満塁から2番中野の中前適時打で1点を先制した。
 先制点を許した埼玉アストライアはその裏、先頭打者の4番川端が内野安打で出塁、5番今井の送りバントで1死2塁とし、6番岩谷の左前適時打で1点を返し、試合を振り出しに戻した。
 1-1の投手戦が続く中、試合が動いたのは6回、埼玉アストライアは、先頭打者の1番佐藤が左前安打で出塁、2番奥村の送りバントで1死2塁とし、3番楢岡の左前適時打で勝ち越しの1点、続く5番今井が2死3塁から、中前適時打で更に1点を追加し試合を決めた。
 埼玉アストライア先発の磯崎は、7回を投げ抜き8安打1失点で勝利を飾った。

ヒロインインタビュー

埼玉アストライア #11 磯崎 由加里

Q: 2勝目となる完投勝利お見事でした。
A:立ち上がりがあまり良くなかったのですが、キャッチャーの今井選手とコミュニケーションをとり低めに集めることを意識して投げきった結果がこのように勝利に繋がって良かったです。

埼玉アストライア #3 楢岡 美和

Q:決勝点となるタイムリーヒットお見事でした。
A:前の打席で悔しい思いをしたので、その悔しさをぶつけ打席に立ったことが結果に繋がったと思います。連勝目指して明日も全員で戦い抜きます。

【女子プロ野球】京都フローラ、吉田奈津が退団を発表

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事