掲載日: 文章:Clipee運営局

カブス・上原が今シーズン2勝目!アストロズ・青木は代打で登場するもノーヒット

カブス・上原が今シーズン2勝目!アストロズ・青木は代打で登場するもノーヒット
photo by Gettyimages

現地時間、6月16日MLBでは上原浩治(カブス)、青木宣親(アストロズ)の2名が出場を果たしている。

一打逆転の場面で青木は凡退

PNCパークで行われたピッツバーグ・パイレーツ対シカゴ・カブスの一戦。3-4と1点ビハインドの8回裏に登板を果たした上原。失策により走者を許したものの二者連続三振などで後続を打ち取り無失点。9回表、味方の反撃に臨み繋げた。すると、カブス打線が爆発9回表に6点を挙げ逆転に成功。上原に幸運な勝ち星が転がり込んできた。これで上原は2勝3敗2S、防御率2.70となった。

ミニッツ・メイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ対ボストン・レッドソックスの一戦でベンチスタートとなった青木。出番は1点ビハインドの7回裏2死二、三塁で巡ってきた。一打逆転の場面で代打で登場した青木だが、フルカウントから三塁ライナーに終わり、チャンスを生かすことができなかった。これで青木は打率.277(141打数39安打)となった。

カブス・上原は1回無失点で2セーブ目!マーリンズ・イチローは代打出場もノーヒット!ドジャース・前田健太は4回2失点で3敗目

新着記事