掲載日: 文章:Clipee運営局

マーリンズ・イチローが代打でヒット!ヤンキース・田中は4回10Kも5失点KO…

マーリンズ・イチローが代打でヒット!ヤンキース・田中は4回10Kも5失点KO…
photo by Gettyimages

現地時間6月17日、MLBではマーリンズのイチロー、ヤンキースの田中将大、アストロズの青木宣親が出場を果たした。

田中はヤンキース史上初の4回10Kも…

イチローはサントラスト・パークで行われたマイアミ・マーリンズ対アトランタ・ブレーブスの一戦に出場。5回表1死二塁の場面で代打で打席に立つと、捕逸で走者が進塁したあと右翼への同点適時打を放った。その後、クリスチャン・イエリチの適時打で5点目のホームを踏んだ。この日は1打数1安打1打点1得点で打率.226(84打数19安打)とした。

ヒューストン・アストロズの青木はミニッツメイド・パークで行われたボストン・レッドソックスとの一戦に9番右翼で先発出場。フル出場を果たすが、この日は3打数無安打で打率.271(144打数39安打)とした。

オークランド・コロシアムで行われたオークランド・アスレチックスとの一戦に先発したヤンキースの田中は初回、マット・ジョイスに先頭打者本塁打を浴びて先制点を許してしまう。その後の打者を三連続三振に斬って勢いに乗るかと思われたが、2回にも1点、4回にも3点を失いこの回でマウンドを降りた。この日は4回5失点、被安打8、与四球1、奪三振10(82球)で防御率6.34とした。田中はヤンキース史上初となる4回奪三振10を記録したが、先発としての役割を果たすことはできなかった。

ヤンキース・田中が3被弾で5回5失点!青木は1安打で日米2000安打までM3

こちらの記事も読まれています

新着記事