掲載日: 文章:Clipee運営局

八重山商工からプロを目指す150キロ右腕!平良海馬【Players report】

夏の甲子園予選が沖縄で始まった。その初日に登場した八重山商工のエース・平良海馬にプロ各球団から注目が集まっている。

氏名:平良海馬(たいらかいま)
守備:投手
投打:右投左打
所属:八重山商工
出身:八重山ポニーズ(ポニーリーグ)

大嶺祐太、大嶺翔太(ともにロッテ)らが所属していた八重山ポニーズ出身の平良。先輩二人と同様に八重山商工へと進学し1年からベンチ入りを掴む。下級生時代は投手、野手双方で試合に出場。自身の代では主将になりエースの座を獲得する。

部員不足もあり、春季沖縄大会は宮古工業と連合チームによって臨んだが初戦敗退。しかし、最速152キロを記録するなど大器の片鱗を見せた。

夏の大会では新入部員が10人入り単独チームで参加。初戦の首里高校戦では9三振を奪うも自身の暴投で1点を失い0-1で敗戦。早々に甲子園の夢は絶たれてしまった。この試合では最速151キロをマーク。複数球団のスカウトも見守る中で実力を示し秋のドラフトに臨む。

173センチ・81キロと小柄ではあるがストレート、チェンジアップで三振を奪う。打撃、フィールディング、牽制など投球以外ににも定評があり投打の素材型として指名する球団はあるかもしれない。

平良海馬に関する動画

立教大の技巧派サブマリン!中川颯【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事