掲載日: 文章:Clipee運営局

前田健太が5回1失点で5勝目!ダルビッシュは5回5失点で5敗目…イチロー、青木は途中出場!

前田健太が5回1失点で5勝目!ダルビッシュは5回5失点で5敗目…イチロー、青木は途中出場!
photo by Gettyimages

現地時間6月18日、ドジャースの前田健太、レンジャーズのダルビッシュ有が先発登板。マーリンズのイチロー、アストロズの青木宣親がそれぞれ途中出場を果たした。

マエケンが5回1失点で2連勝!

グレートアメリカン・ボールパークで行われたロサンゼルス・ドジャース対シンシナティ・レッズの一戦に先発した前田は、3回まで一人の走者も許さないパーフェクトピッチング。4回に押し出し死球で1点を失ったものの、5回は無失点に抑え、この回でマウンドを降りた。前田は5回1失点、被安打3、四死球2、奪三振5(78球)の好投で防御率4.70とし、5勝目(3敗)を挙げた。

テキサス・レンジャーズのダルビッシュはグローブライフ・パーク・オン・アーリントンで行われたシアトル・マリナーズとの一戦に先発したが、本塁打を浴びるなど5失点で敗戦投手となった。この日は5回5失点で5敗目(6勝)を喫し、被安打8、四死球2、奪三振6(99球)で防御率3.35としている。

マイアミ・マーリンズのイチローはサントラスト・パークで行われたアトランタ・ブレーブスとの一戦で、9回表に代打で出場したが、空振り三振に倒れた。この日は1打数無安打で打率.224(85打数19安打)とした。

ヒューストン・アストロズの青木はミニッツメイド・パークでのボストン・レッドソックス戦の7回に代打で出場し空振り三振。その後は左翼の守備につき、迎えた9回の第2打席では左直に倒れた。この日は2打数無安打で打率.267(146打数39安打)としている。

マーリンズ・イチローは2打数ノーヒットで打率.169…ドジャース・マエケンは4回3失点で白星逃す

こちらの記事も読まれています

新着記事