掲載日: 文章:Clipee運営局

左右の両輪で2年連続甲子園へ!147キロ右腕・米原大地【Players report】

昨夏の甲子園へ「ありんこ軍団」として西東京から出場を果たした八王子高校。2年連続の夢舞台を目指してエース候補達がしのぎを削っている。その1人が最速147キロを誇る右腕の米原大地だ。

氏名:米原大地(よねはらだいち)
守備:投手
投打:右投右打
所属:八王子高校
出身:武蔵府中シニア

武蔵府中シニアで全国大会制覇経験もある米原。八王子高校に進学後は1年秋に背番号「1」を手に入れた。同級生左腕の早乙女大輝とともにチームを引っ張り2年夏に初めての甲子園出場を果たす。甲子園では背番号「1」を早乙女に譲り自身は「11」をつけていた。

初戦の日南学園戦で先発した早乙女が5回1失点で踏ん張ると2番手として6回からマウンドに登る。しかし、先頭に四球を出すとその後も5安打を浴び5失点。続く7回にも四球から失点を喫し合計6失点。初めての甲子園は1.2回6失点とほろ苦いデビューとなった。

秋の新チーム始動後にフォームを修正。甲子園で142キロだった球速は147キロまでアップした。早稲田実業、日大三とプロ注目選手が揃っている激戦区の西東京で2年連続2回目となる甲子園出場を目指す。制球の早乙女、球速の米原2枚看板に注目が集まる。

キーワード

新着記事