掲載日: 文章:Clipee運営局

日大三高が誇る強打の遊撃手!日置航【Players report】

西東京の強豪・日大三高で下級生ながら遊撃手のポジションを任され、春のセンバツでも唯一の下級生スタメンで起用されたのが日置航だ。

氏名:日置航(ひおきわたる)
守備:内野手
投打:右投右打
所属:日大三高
出身:上田南シニア

上田南シニア時代に主将として活躍し全国大会に出場を果たしていた日置。リトルリーグ時代に清宮幸太郎(早稲田実業)の東京北砂リトルに敗れた経験もあり、ライバル校である日大三高へと進学。1年時からレギュラーを獲得し昨秋は30試合に出場し打率.419、1本塁打、28打点の活躍。しかし、都大会では8試合、打率.258、0本塁打、5打点と結果を残せなかった。清宮率いる早実との決勝でも5打数ノーヒットと完敗。

春のセンバツ初戦の履正社戦では6番・遊撃で出場するが、4打数無安打とここでも結果を出せず悔しい思いをした。春季東京大会では6試合で5本塁打を放つなど大きく成長。西東京を代表する遊撃手となった。

174センチ・76キロと小柄ではあるが、パワーはあり、この春から長打力が増した。早実に雪辱を果たし再び甲子園の地に戻りたい。今夏の甲子園で活躍が来年のドラフトに繋がるはずだ。

日置航に関する動画

2年ぶりの夏を目指す専大松戸の右腕エース!川上鳳之【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事