掲載日: 文章:Clipee運営局

「練習ハ不可能ヲ可能ニス」全力を尽くす諦めないプレー、応援したくなるようなチームを目指す慶應大学野球部(後)

照屋 塁キャプテンにインタビュー!

今までの野球人生ではキャプテン未経験ながら、チームをまとめ、目を配る照屋塁主将。
野球だけでなく勉学にもしっかり励みながら、広い視野でチームを見つめて感じていること、集大成である秋への思いは。

(プロフィール)

照屋 塁(てるや・るい)
遊撃手、4年生。沖縄尚学高校出身。
1年生時よりベンチに入り、沖縄県出身選手として初めて主将を任せられる。

チームを引っ張ること、自分のプレーが与える影響も責任感も感じています

野球を始めたきっかけを教えてください。

照屋 塁選手(以下、照屋):兄が野球をしていてその影響で野球を始めました。

キャプテンになった経緯を教えて下さい。

照屋:今までキャプテンは未経験なのですが、同期の中で話し合い決まりました。

キャプテンとして大変な部分、やりがいを感じるのはどういう時でしょうか?

照屋:チームの引っ張り方、自分がどういうキャプテンであることがこのチームにとって一番良いのかということを常に考えています。僕のワンプレーワンプレーがチームの流れを大きく変えてしまうということが春のリーグを通して感じたので、それがやりがいでもありますし、責任感も感じます。

慶應大学を選んだ理由を教えて下さい。

照屋:早慶戦の舞台があり、地方から一般入試で入部して、メンバーとして活躍している選手が多く、そういうところに魅力を感じて慶應大学を選びました。

こちらの記事も読まれています

新着記事