掲載日: 文章:Clipee運営局

小柄ながらも最速156キロのストレート!福島滉貴【Players report】

関西の強豪・立命館大学で驚異の奪三振能力を誇る選手が現れた。今秋のドラフト候補であるエースの東克樹にの陰に隠れているが現在、2年生の福島滉貴だ。

氏名:福島滉貴(ふくしまこうき)
守備:投手
投打:右投右打
所属:立命館大学
出身:福岡城南リトルシニア→東福岡高校

縞田拓弥(オリックス)を輩出した福岡城南リトルシニア出身の福島。東福岡高校進学後に投手へ転向しエースを務める。2年時のデビュー戦となった秋季大会決勝は敗れたものの145キロを投げ脚光を浴びる。最後の夏は期待されたものの5回戦で希望が丘に敗退。プロ志望届は出さずに立命館大学へと進学した。

立命館大では1年秋にデビューし、1試合の登板を果たしている。2年生となった今年春のリーグ戦ではリリーフとして5試合に登板。12.2回を投げ24奪三振と1回に約2個の三振を奪う投球を見せプロからも注目を浴びている。

172センチ・75キロと小柄ではあるが最速156キロのストレート、スライダーを武器とし三振が奪えるのは魅力。サイズが小さいところは気になる点だが、それを上回る奪三振能力でプロを目指す。

福島滉貴に関する動画

「練習ハ不可能ヲ可能ニス」全力を尽くす諦めないプレー、応援したくなるようなチームを目指す慶應大学野球部(後)

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事