掲載日: 文章:Clipee運営局

田中は6回2失点で6勝目!ダルビッシュはQS達成も6敗目を喫する

田中は6回2失点で6勝目!ダルビッシュはQS達成も6敗目を喫する
photo by Gettyimages

現地時間、6月28日MLBでは田中将大(ヤンキース)、ダルビッシュ有(レンジャーズ)、田澤純一(アストロズ)、青木宣親(アストロズ)の4選手が出場を果たした。

青木は1安打で勝利に貢献

プログレッシブ・フィールドで意地なわれたクリーブランド・インディアンス対テキサス・レンジャーズの一戦に先発したダルビッシュ。初回に失策から1点を失うと3回には四球から連打を浴びるなどで2失点。6回を投げ3失点(自責2)、被安打7、与四球1、奪三振6(101球)の内容で6敗目(6勝)。

USセルラーフィールドで行われたシカゴ・ホワイトソックス対ニューヨーク・ヤンキースの一戦に先発した田中。初回、2回と走者を許すが無失点。その後は、3回、4回とパーフェクト投球を見せたが、5回に無死満塁から2点を失った。しかし、6回は3者連続三振と立ち直りここで降板。6回2失点被安打6、与四死球3、奪三振5(101球)の内容で6勝目(7敗)。

マーリンズ・パークで行われたマイアミ・マーリンズ対ニューヨーク・メッツの一戦。0-6と6点ビハインドで迎えた8回表のマウンドに登った田澤。先頭のウィルマー・フローレスに13球粘られ四球を与えてしまう。その後、ホセ・レイセスの二塁打で2死二、三塁のピンチを招く。代打ブランドン・ニモーに適時打を浴び2失点。復帰後3試合目で2回目の2失点となった。

ミニッツ・メイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ対オークランドの一戦。9番・左翼で先発出場を果たした青木は4打数1安打で打率.272(162打数44安打)となった。

マーリンズ・イチローが代打でヒット!ヤンキース・田中は4回10Kも5失点KO…

こちらの記事も読まれています

新着記事