掲載日: 文章:Clipee運営局

夏までに150キロを目指す!清水達也【Players report】

昨秋のドラフトで高橋昂也(広島)、岡崎大輔(オリックス)と2名のプロを輩出した花咲徳栄。今年もドラフト注目の選手が現れた。140キロ右腕の清水達也だ。

氏名:清水達也(しみずたつや)
守備:投手
投打:右投右打
所属:花咲徳栄高校
出身:藤沢中学(軟式)

花咲徳栄入学後1年時からベンチ入り。2年春のセンバツにおいて背番号「10」で出場。エースの高橋がいたこともあり、出場機会は訪れなかった。夏の選手権では背番号「11」で出場。3回戦の作新学院戦において2番手で登板すると1.1回を無失点に抑えている。

高橋、岡崎と主力が抜けた新チームで背番号1を背負い秋季埼玉県大会で浦和学院に敗れ準優勝。関東大会へと出場を果たす。しかし、初戦の慶應高校戦で2番手で登板するも2.1回3失点を喫し7回コールド負けとなってしまった。

春季大会でも周期帯秋同様に浦和学院に決勝で敗れ準優勝。埼玉2位で関東大会へと駒を進めた。初戦の早稲田実業戦では4回4失点(自責1)、奪三振7と好投を見せるも敗退した。

178センチ・80キロの体格から放つストレートは最速149キロ。決め球のフォークもキレが良く、空振りを奪うことができる。先輩の高橋に追いつくためにも最後の夏にかける。

清水達也に関する動画

甲子園で雪辱を!札幌第一の4番打者!高階成雲【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事