掲載日: 文章:Clipee運営局

東北高校の4番として2年連続の夏へ!布施東壱【Players report】

昨夏の甲子園で7年ぶりの出場を果たした東北高校。1年生ながら1番・遊撃手で出場を果たしていた杉沢龍に注目が集まるが、正捕手も下級生だった。現在は捕手、一塁手をこなしている布施東壱だ。

氏名:布施東壱(ふせとうい)
守備:捕手
投打:右投左打
所属:東北高校
出身:横浜北リトルシニア

昨夏の甲子園に2年生ながら背番号「2」で出場した布施。県予選では打率.333(18打数6安打)、主に6番打者としてチームに貢献した。甲子園では1回戦で横浜と対戦。7番で出場し4打数2安打とバットでは結果を残したものの、エースの渡辺法聖、古川原将真を支えることができずに7失点。1回戦で姿を消した。

新チームで望んだ秋季宮城県大会ではベスト8で利府に敗れ東北大会への出場はならなかった。しかし、一冬越して臨んだ春季大会で宮城県を制し東北大会へと出場。4番捕手・一塁手として3試合で打率.455(11打数5安打)と活躍しチームをベスト4まで導いた。

宮城県大会では高校発の本塁打を含む3本塁打を放つなど長打力も付き、2年連続の夏出場へ向け4番としての重責を果たす。最大のライバル仙台育英に負けるわけにはいかない。

布施東壱に関する動画

身長185センチの長身右腕!栗尾勇摩【Players report】

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事