掲載日: 文章:Clipee運営局

カブス・上原は0.1回ピシャリ!アストロズ・青木は1打数1安打2得点!

カブス・上原は0.1回ピシャリ!アストロズ・青木は1打数1安打2得点!
photo by GettyImages

現地時間7月4日、MLBの日本人選手ではカブスの上原浩治、アストロズの青木宣親、マーリンズのイチローが出場を果たしている。

アストロズ・青木が勝ち越しホーム踏むなど2得点!

リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対タンパベイ・レイズの一戦、上原浩治は8回途中から登板。2死一、二塁のピンチでマウンドに上がった上原は、3番のエバン・ロンゴリアを空振り三振に仕留め、見事ピンチを切り抜けた。この日は0.1回無失点、奪三振1(6球)で勝利に貢献し、防御率2.93としている。

ヒューストン・アストロズの青木はサントラスト・パークで行われたアトランタ・ブレーブスとの一戦に途中出場。6回2死から先発のジョー・マスグローブに代わって左翼に入ると、7回先頭の第1打席では左翼二塁打で出塁し、勝ち越しのホームを踏んだ。8回の打席では四球を選び、8点目のホームを踏んだ。青木はこの日1打数1安打、2得点、1四球、1盗塁で打率.266(169打数45安打)としている。

マイアミ・マーリンズのイチローはブッシュ・スタジアムでのセントルイス・カージナルス戦の5回に代打で出場。2死走者なしから安打を放ったが、次打者の打席で牽制で刺されてしまった。守備にはつかず、この日は1打数1安打で打率.210(105打数22安打)とした。

カブス・上原は無失点で今シーズン10ホールド目

新着記事