掲載日: 文章:Clipee運営局

マーリンズ・イチローは7番右翼で先発出場しマルチ安打!歴代24位となる通算3054安打!

マーリンズ・イチローは7番右翼で先発出場しマルチ安打!歴代24位となる通算3054安打!
photo by Gettyimages

現地時間、7月6日MLBではイチロー、田澤純一(ともにマーリンズ)、青木宣親(アストロズ)が出場を果たした。

イチローは3度の出塁!田澤はピンチ招くも無失点

ブッシュ・スタジアムで行われたセントルイス・カージナルス対マイアミ・マーリンズの一戦でイチローは7番・右翼で6月29日以来となる先発出場。2回表の第1打席で2試合連続の安打を放つ。第2打席は凡退したものの6回の第3打席では四球で出塁。8回の第4打席でも安打を放ち、4打席で3度の出塁。これで打率.222(108打数24安打)となった。この安打でロッド・カルーを抜きメジャー通算3054安打となっている。

3-4と1点ビハインドの7回裏にマウンドへ送り出された田澤は先頭に安打を許し1死後、二塁打を浴び1死二、三塁のピンチを招く。ここでヤディアー・モリーナを敬遠し満塁策を取るとその後を抑えなんとか無失点。

ロジャース・センターで行われたトロント・ブルージェイズ対ヒューストン・アストロズの一戦。青木は6回裏の守備から登場。1打数ノーヒットで打率.265(170打数45安打)となった。

イチローはスタメン出場で4打数無安打も好守を魅せる

こちらの記事も読まれています

新着記事