掲載日: 文章:Clipee運営局

ドジャース・前田が5回1失点で7勝目をマーク!カブス・上原は1回パーフェクト!

ドジャース・前田が5回1失点で7勝目をマーク!カブス・上原は1回パーフェクト!
photo by Gettyimages

現地時間、7月7日MLBでは上原浩治(カブス)、青木宣親(アストロズ)、前田健太(ドジャース)が出場を果たした。

チーム大勝も青木はノーヒット

リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対ピッツバーグ・パイレーツの一戦。4-1と3点リードで迎えた8回表に上原浩治が登板。1回をパーフェクト投球で抑え勝利に貢献した。

ロジャースセンターで行われたトロント・ブルージェイズ対ヒューストン・アストロズの一戦で青木は9番・左翼として先発出場。チームが12-2で大勝する中、青木は4打数ノーヒットで打率.259(174打数45安打)となった。

ドジャースタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対カンザスシティ・ロイヤルズの一戦で前田が先発登板。3回まで無失点と好投を見せたが4回に連打を浴び失点を喫する。しかし、後続を打ち取り最少失点に食い止める。5回には1死三塁のピンチを招くが無失点。結局、前田は5回1失点、被安打4、与四球2、奪三振5(86球)で勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りた。試合はそのままドジャースが勝利し前田は7勝目(4敗)を手にしている。

ドジャース・前田は4回途中5失点でKO!カブス・上原は連打を浴び途中降板

こちらの記事も読まれています

新着記事