掲載日: 文章:Clipee運営局

小林先輩を超える!広陵高校の正捕手・中村奨成【Players report】

広島県の名門広陵高校にはプロ注目の「打てる捕手」がいる。プロ注目のエース平元銀治郎とバッテリーを組む中村奨成だ。

氏名:中村奨成(なかむらしょうせい)
守備:捕手
投打:右投右打
所属:広陵高校
出身:大野シニア

広島県廿日市市の大野シニア時代から4番捕手としてチームの中心として活躍していた中村。地元の広陵高校に進学後は1年時からベンチ入り。1年夏の予選からレギュラーを確保。準決勝の市立呉に敗れるまで全5試合に出場しチームに貢献した。2年夏は打率.471(17打数8安打)、2本塁打、11打点の成績を残したものの準決勝で如水館に敗れ、2年連続ベスト4となった。

新チームで臨んだ秋季大会では準々決勝でまたしても、市立呉に敗れ中国大会には出場できず、春のセンバツは不出場。最後の夏へ向けて全力を尽くしている。

181センチ・76キロと大型の捕手で打撃、守備共に評価は高い。目を見張る強肩はタイムにも現れており、二塁送球タイムは2秒を切る。すでに多くのスカウトが目をつけており素材は「超高校級」のお墨付きだ。広陵高校OBで日本代表捕手の小林誠司を走攻守ともに超えるとの声も多く夏で全国デビューを果たしたい。

中村奨成に関する動画

神宮仕様のグラウンドで東東京大会を勝ち上がり、6年ぶりの甲子園を目指す!(前編)

キーワード

新着記事