掲載日: 文章:Clipee運営局

マーリンズ・イチローが代打で初球送りバント!カブス・上原は1回パーフェクト!

マーリンズ・イチローが代打で初球送りバント!カブス・上原は1回パーフェクト!
photo by Gettyimages

現地時間、7月8日MLBではイチロー(マーリンズ)、青木宣親(アストロズ)、上原浩治(カブス)が出場を果たした。

青木は1安打もチームは敗退

ロジャースセンターで行われたトロント・ブルージェイズ対ヒューストン・アストロズの一戦。9番・左翼で青木はスタメン出場。3回表の第1打席に四球で出塁すると、次打者の二塁打の間に生還し先制のホームを踏んだ。5回の第2打席では安打を放つなど貢献したものの試合は2-7で敗戦。青木は打率.261(176打数46安打)となった。

リグリー・フィールドで行われたシカゴ・カブス対ピッツバーグ・パイレーツの一戦。2-4と2点ビハインドの9回表に上原はマウンドへ登る。1回を完全投球。わずか9球で仕留めている。

AT&Tパークで行われたサンフランシスコ・ジャイアンツ対マイアミ・マーリンズの一戦。イチローは4-3と1点リードで迎えた9回表無死二塁の場面に代打で登場。初球をきっちり送りバント。走者を進めることに成功し追加点を演出した。打率.222(108打数24安打)のまま変動はなかった。

マーリンズ・イチローは7番右翼で先発出場しマルチ安打!歴代24位となる通算3054安打!

新着記事