掲載日: 文章:Clipee運営局

田中、ダルビッシュともに敗戦投手!青木は1安打1打点と大勝に貢献

田中、ダルビッシュともに敗戦投手!青木は1安打1打点と大勝に貢献
photo by GettyImages

現地時間、7月8日MLBではイチロー、田澤純一(マーリンズ)、青木宣親(アストロズ)、田中将大(ヤンキース)、ダルビッシュ有(レンジャーズ)が出場を果たした。

田澤はピンチを切り抜ける好投

ヤンキースタジアムで行われたニューヨーク・ヤンキース対ミルウォーキー・ブルワーズの一戦。先発のマウンドに登った田中は初回から1死一、三塁のピンチを招くとトラビス・ショーに3点本塁打を浴びる苦しい立ち上がり。2回にも先頭のスティーブン・ボートに1発を浴び失点。3回、4回は無失点に抑えるが5回にランナー2人を出したところで降板。この日の田中は4.1回5失点、被安打6、与四球1、奪三振5(83球)の内容で8敗目(7勝)。

ロジャースセンターで行われたトロント・ブルージェイズ対ヒューストン・アストロズの一戦。青木は7回表無死二、三塁の場面で登場すると適時打を放ち打点をマークした。この日の青木は2打数1安打で打率.264(178打数47安打)となった。

グローブライフ・パーク・イン・アーリントンで行われたテキサス・レンジャーズ対ロサンゼルス・エンゼルスの一戦にダルビッシュは先発。8回途中2失点と好投を見せるが味方打線の援護がなく8敗目(6勝)。

AT&Tパークで行われたサンフランシスコ・ジャイアンツ対マイアミ・マーリンズの一戦。イチローは3-3の同点で迎えた6回表に代打で登場するも凡退。打率.220(109打数24安打)となった。田澤は7-7の同点で迎えた8回裏1死一、三塁とピンチで登板。打者2人を打ち取り役割を果たしている。

イチロー代打もノーヒット。ダルビッシュは7失点で5回持たずKO…

新着記事