掲載日: 文章:Clipee運営局

昨秋に史上2人目の完全試合達成!青島凌也【Players report】

昨秋の関東地区大学野球選手権で史上2人目となる完全試合が達成された。快挙を成し遂げたのは10連続を含む18奪三振をマークした東海大学の青島凌也だ。

氏名:青島凌也(あおしまりょうや)
守備:投手
投打:右投右打
所属:東海大学
出身:東山クラブ(軟式)→東海大相模高校

愛知県の強豪軟式野球チームである東山クラブでプレーし東海大相模高校へと進学した青島。早くから才能を見いだされ、1年時からベンチ入りを果たしていた。初めて甲子園に出場したのは3年夏の選手権だ。背番号「1」を背負い初戦の盛岡大付属高校戦に先発するが6回途中4失点で降板。1学年下の小笠原慎之介(現中日)にマウンドを託すも試合は3-4で敗戦。松本裕樹(現ソフトバンク)に投げ負けた格好となり初戦敗退となった。

プロ志望届は出さずに東海大学へ進学。2年春にデビューし4勝(0敗)、防御率1.09と好成績をマークしプロ注目となる。3年生となった今春のリーグ戦では防御率1.39ながら2勝3敗と負けが先行したが、日本代表にも選ばれるなど充実した一年となりそうだ。

最速146キロのストレートとカーブを中心とした配球で三振を奪う。2018年のドラフト候補として要注目だ。

青島凌也に関する動画

守りの野球で「早稲田の栄光」を秋空に響かせる!早稲田大学野球部に行ってきました(後)

キーワード

こちらの記事も読まれています

新着記事