掲載日: 文章:Clipee運営局

まさにチームの要!4番・主将・遊撃手の新田旬希【Players report】

春のセンバツにおいて春夏通じて甲子園初出場となった市立呉。そのチームを4番・主将・遊撃手として引っ張ったのが新田旬希だ。

氏名:新田旬希(にったしゅんき)
守備:内野手
投打:右投左打
所属:市立呉高校
出身:広島八幡シニア

下級生時代から遊撃手でレギュラーを務めていた新田。新チームでは主将を任されエースの池田吏輝とともにチームを引っ張った。秋の広島県大会では準決勝の広島新庄戦で3-15と大敗するも、3位決定戦を勝利し中国大会へ。中国大会では広島新庄に雪辱を果たし決勝進出。決勝では宇部鴻城に2-13で敗れるも中国2位で春のセンバツへ出場。秋は練習試合含めた全39試合で打率.369(160打数59安打)、1本塁打、52打点とチーム2位の打率を残している。

春のセンバツでは初戦の至学館戦で3安打猛打賞。続く履正社戦ではノーヒットに抑えられたものの、2試合で打率.375(8打数3安打)。

182センチ・72キロと大型遊撃手ながら動きはよく、プロ注目の存在となっている。本塁打を放つ長距離砲ではなく広角に打ち分ける左の巧打者。広島新庄、広陵と強敵揃いの広島県予選を勝ち上がり再び甲子園を目指す。

新田旬希に関する動画

ガーナ人の父を持つプロ注目選手!三上ケビン【Players report】

キーワード

新着記事