掲載日: 文章:上杉 あずさ

一戦一戦、みんなで強くなるチーム、九産大九州高校を訪問(前編)

2人の好投手と繋がりある打線で挑む夏、元気でプレッシャーをかけて先手必勝

続いて、投手について伺います。エースの吉田龍ノ介投手はいかがでしょうか。

監督:吉田は元々、肘に心配があって、連投が利くかなと心配していましたが、コツコツしっかりトレーニングをして、下半身、体幹を鍛えていたから連投がききました。本当にコツコツ努力していたからでしょうね。それを2年生の村上幸人が良く補ってくれた。春は吉田が5試合、村上が2試合。特に、福岡大会の決勝は、村上が西短を4安打1失点で完投しました。

好投手が2人いるのは大きいですね。

監督:選抜に行ったときも、岩田将貴、舩越孝志朗と2人いました。その時ほどレベルは高くないけど、今回は、3年と2年で良い投手がいるのは、新チームのことも考えられるし、そう考えると、この方がいいのかな。夏の戦いももちろんだけど、新チームのことも考えないといけないですからね。

打線の方はいかがでしょうか。

監督:去年よりはいいんじゃないかなと思います。3番・佐々木啓太、4番・権藤彩斗、5番・石川光紀、このあたりが軸で、6番の小中健蔵も良くなってきています。1,2番の出塁がカギになりますかね。1,2番が出て、3,4,5,6が良いからね、そこで返せるように。やはり出塁率がカギになりますね。2番の中村圭吾が、去年のチームでも唯一レギュラーで出ていたし、ピリッとしてくれたらいいんですけどね。1番は、サードの控えだった柴田睦生も良くなってきたから、外野で使ってみて、刺激を与えてみようかなとも。ずっと同じメンバーで来てるんでね、ちょっとでも刺激を与えるようなやつが出てきてくれたらいいですね。

この夏、どう戦っていきますか?

監督:夏は1点を争うゲームになってくると思うんですよね。夏の大会は、先制ですね。先に点をとられると、どうしても焦りが出たりして、ごてごてになってしまうこともあるから。最初は声もそんなに出なかったけど、出るようになったのは、気持ちでしょうね。気持ちのない子は声が出ないですからね。強いチームは元気がありますよ。元気があるチームは、それだけでプレッシャーを感じますもんね。野球はプレッシャーの掛け合い。一塁まで全力疾走する、声を出す、それだけでプレッシャーかけられるので。そしたら、結局相手がミスして、点とって勝つ。そういうプレッシャーをかけられるように・・・。

まさにチームの要!4番・主将・遊撃手の新田旬希【Players report】

こちらの記事も読まれています

新着記事